トップページ > フィンカー

フィンカー

フィンカー

フィンカーは、米国メルク社製『プロスカー』のインド製ジェネリック医薬品です。

プロスカー同様、発毛剤として利用する際は1錠を4~5分割する必要がある上、プロスカーよりも安価なので、さらにリーズナブルに活用することができます。

実際の価格は販売業者によってまちまちですが、プロスカーが1回(1mg)あたり50~60円程度であるのに対し、同量で20~25円という超低コストとなっています。

AGA(男性型脱毛症)は長期治療が前提なので、ローコストで長く続けやすいところが大きな魅力となっています。

>>フィンカーはこちら

フィンカーの飲み方と効果

フィンカーは1錠あたりの有効成分(フィナステリド)含有量が5mgと高濃度なので、発毛剤として使うためにはピルカッターで4~5分割する必要があります。

あとはプロペシアなどと同様の飲み方で、1日1回、1mgを毎日服用するようになります。

効果はプロペシアとほぼ同じで、抜け毛を誘発する男性ホルモン『ジヒドロテストステロン(DHT)』の生成を抑制し、抜け毛予防および髪の成長を促します。

ちなみに、5mgのまま服用しても、1mg服用時と効果は変わらないので、面倒でも錠剤は必ず分割するようにしましょう。

フィンカーの副作用

フィンカーは抗アンドロゲン薬であるフィナステリドが含まれているため、服用すると副作用症状を起こす場合があります。

症状は軽微なものが多く、性欲の減退やめまいなどが挙げられます。

また、初期脱毛が起こることもありますが、これは髪が新しく生まれ変わっている証拠ですので、およそ1ヶ月でおさまります。

フィンカーは用法・用量を守れば比較的安全な医薬品として知られていますが、女性や未成年は服用を禁じられているので注意が必要です。

特に妊娠中の女性はお腹の胎児に悪影響を及ぼす危険性があるので、服用はもちろん、分割した錠剤に触れないよう気をつけましょう。

フィンカーの口コミ

 

(40代/男性) 

はじめはフィンペシアとロゲインを使っていましたが、なるべくお金をかけたくなかったので、フィンカーに切り替えました。4分割するので割るのが少し面倒ですが、やっぱりコストパフォーマンスはいいと思います。副作用は性欲がやや減退したくらいです。

 
 

(30代/男性) 

4分割で始めましたが、性欲減退や倦怠感を感じたので、8分割で服用しています。小さな錠剤を細かく分割するのは手間ですが、副作用もおさまりましたし、コストもかかりません。現在3ヶ月目ですが、早くも抜け毛が減ってきました。

 
フィンカー ⇒フィンカーの販売サイト