トップページ > フィンペシア

フィンペシア

フィンペシア

フィンペシアは、プロペシアと同じ成分を同じ濃度で配合した飲む発毛剤です。

プロペシアは米国メルク社が開発・販売している発毛剤で、AGA(男性型脱毛症)治療薬として世界中で使用されている実績を持っています。

しかし、値段が1錠250~300円程度と高く、1日1錠ずつ飲んだ場合、薬代だけで1ヶ月に7500~9000円もコストがかかってしまうところが難点です。

その点、フィンペシアはプロペシアと同じ要領で作られた発毛剤ながら、インドの製薬会社シプラ社が製造したジェネリック(後発)医薬品なので、プロペシアよりも安価で購入できるところが大きなメリットとなっています。

>>フィンペシアはこちら

プロペシアと同じ効果を発揮

フィンペシアは、製造メーカーこそ異なりますが、主成分や配合濃度はプロペシアとまったく変わりません

フィンペシアを1日1mg用量で服用すると、主成分であるフィナステリドが酵素『5α-リダクターゼ』を阻害し、AGAの主原因『ジヒドロテストステロン(DHT)』の生成を予防することができます。

ちなみに、フィナステリドは抜け毛予防に特化しているため、発毛促進剤として知られるミノキシジル系発毛剤と併用すると、さらに高い効果を期待することができます。

フィンペシアの飲み方と副作用

フィンペシアの飲み方はプロペシアと同じく、1mg濃度の錠剤を1日1粒飲むだけです。

1日に1mg以上服用してもさほど効果は上がらないうえ、副作用のリスクが高まってしまうおそれがあるので、用法・用量はしっかり守るようにしましょう。

フィンペシアの副作用はプロペシア同様、性欲の減退や胃痛などを感じる方が多くなっていますが、いずれも軽症なので、時間が経てば回復します。

ただ、動悸や息切れなど気になる症状を感じた場合は、自己判断せず、すぐにかかりつけの医師を受診するようにしましょう。

フィンペシアの口コミ

 

(30代/男性) 

頭頂部だけに効くものだと思っていましたが、意外にも生え際から発毛してきました。逆に頭頂部はあまり効果が見られなかったので、このまま継続して頭頂部の薄毛も解消したいです。

 
 

(40代/男性) 

フィンペシア歴1年強です。思い通りに発毛とはいきませんが、スカスカだった頭頂部や生え際が徐々に濃くなってきました。副作用としては精力の衰えを感じますが、年齢的なものもあるので何とも言えません。

 
フィンペシア ⇒フィンペシアの販売サイト