トップページ > ロゲイン

ロゲイン

ロゲイン

ロゲインは、血管拡張剤の一種である『ミノキシジル』を主成分とした塗る発毛剤です。

ミノキシジルは開発当初、高血圧の経口薬として使用されていましたが、処方された患者の多くに多毛症が確認され、発毛剤として注目されるようになりました。

ロゲインはそんなミノキシジルを配合した世界初の発毛剤として1980年代に開発・販売され、現在は世界中で使用されています。

ちなみに、日本では未認可の医薬品なので、使用には個人輸入代行業者を通して購入する必要があります。

>>ロゲインはこちら

ロゲインの使い方と効果

ロゲインは外用タイプの発毛剤なので、スポイトまたはスプレー容器を利用して直接頭部に振りかけます。

ミノキシジルには塗布した部分下にある血管を一時的に拡張させる効果があり、頭皮内部の血流が増加します。

髪の毛根は毛細血管を通る血液から酸素・栄養素を吸収しているため、血流が増加すると毛根のはたらきが活性化し、発毛力が強くなります。

ロゲインの使用量は1日2回、1mlずつを塗布しますが、このとき、頭皮マッサージをあわせるとさらに効果的です。

ロゲインの副作用

ロゲインには、主成分であるミノキシジルのほかに、溶剤としてプロピレングリコールというアルコール成分が含まれています。

プロピレングリコールは体質によってはアレルギー反応を起こす場合があり、使用すると頭皮のかゆみやかぶれ、湿疹が起きる可能性があります。

また、ミノキシジルはもとは血管拡張剤として使用されていたため、高血圧の薬を常用している方や、もともと低血圧の方が使用すると低血圧症を引き起こすことがあります。

ロゲインは個人輸入代行業者を利用すればネットで簡単に手に入れることができますが、副作用のリスクを回避するため、初回は医師に相談してから使用するようにしましょう。

ロゲインの口コミ

 

(40代/男性) 

使いはじめた当初、初期脱毛があって不安になりましたが、2ヶ月半で順調に改善し始め、半年経つ頃には頭部の9割が回復しました。その後は目立って変化はありませんが、抜け毛が増える様子もなく、現状をキープできています。

 
 

(50代/男性) 

いろいろな発毛剤を使いましたが、唯一効いたのがロゲインです。使用し始めて9ヶ月目ですが、家族や友人から髪が増えたと言われることが多くなりました。

 
ロゲイン ⇒ロゲインの販売サイト