トップページ > ザンドロックス

ザンドロックス

ザンドロックス

ザンドロックスは、高濃度のミノキシジルを配合した塗る発毛剤です。

主成分であるミノキシジルはFDA(アメリカ食品医薬品局)にも認められた発毛成分として有名ですが、従来の発毛剤のミノキシジル濃度は2~5%が限度でした。

その点、ザンドロックスは5%濃度をはじめ、12.5%、15%と高濃度のミノキシジルを配合。

従来のミノキシジル発毛剤より高い発毛力を誇っており、頭頂部はもちろん、生え際の薄毛にも優れた効果を発揮します。

>>ザンドロックスはこちら

ザンドロックスの効果

ザンドロックスの特徴は、これまでのミノキシジル発毛剤では効果がなかった生え際の薄毛にも有用な効果を発揮するところです。

生え際は抜け毛因子である男性ホルモンの影響を特に受けやすく、頭頂部の薄毛に比べて発毛剤の効果があらわれにくいと言われています。

ザンドロックスでは、5%のほかに12.5%タイプ、15%タイプを採用することで、生え際の薄毛部分からの発毛を実現しています。

ザンドロックスの効果は臨床試験でも確認されており、4~6ヶ月の継続使用で70%の人に改善が見られたと報告されています。

ザンドロックスの使い方と副作用

ザンドロックスは20年以上にわたって使用されている医薬品として、高い安全性を誇っています。

しかし、ザンドロックスにはミノキシジルとプロピレングリコール(アルコール)が含まれているため、使用者によってはまれに全身のほてりやめまい、頭皮のかぶれ、湿疹などが起こる可能性があります。

そのため、ザンドロックスの使い方としては、最初は低濃度のものから使用し、体調に合わせて濃度を高めていくことをおすすめします。

また、高濃度のミノキシジルを頭部全体に使用すると副作用のリスクが高まるため、12.5%タイプや15%タイプは薄毛部分のみに部分的に使用するのが望ましいでしょう。

ザンドロックスの口コミ

 

(30代/男性) 

値段が少々高いものの、良く効くし、使い勝手も良いです。多少かゆみはありますが、頭皮の状態に合わせて使えば問題ありません。

 
 

(30代/男性) 

半年ほどロゲインを使っていましたが、頭皮が荒れ気味になったため、使用を中断しました。ザンドロックスはロゲインに比べてアルコールが少ないようで、今では頭皮トラブルもなく使用できています。おかげでスカスカだった頭頂部がほぼ埋まり、おでこにも産毛が生えてきました。

 
ザンドロックス ⇒ザンドロックスの販売サイト